角館の風土で生まれ育ち、受け継がれてきた素材と味。やさしい山の息吹、力強い大地の鼓動をお料理でお楽しみください。
角館の郷土料理店-料亭 東海林

ホーム » 記事一覧 » あいこ(ミヤマイラクサ)/蕁麻

あいこ(ミヤマイラクサ)/蕁麻

山の恵み、おいしい山菜が届いております。

 

その中でも人気の山菜「あいこ」をご紹介いたします。

あいこ

 

あいこ(みやまいらくさ)は、全体に細かいトゲがあり、さわるとチクチクして肌の弱い人は赤くはれる事があります。これが蕁麻(じんま)の語源です。

 

今は忘れ去られてしまいましたが、古代にはあいこの皮で縄をになったり、戦争中にはこの糸で洋服を作ったと聞いております。

 

あいこは古くから生活に必要な山菜でしたが、今は食べるだけです。
一本一本手作業で皮をむいて使います。

 

よい香りがして、おひたしや和え物、お味噌汁にしても美味しい山菜です。

 

 

このほかにも、旬の山菜をたくさん入荷しております。

 

皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

 

 

料亭 東海林

 

 

2018年 05月 23日

Copyright (C) 2013 Ryotei Shoji All Rights Reserved.